2017.07 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2017.09

2012年(平成24年)2次筆記試験の結果が発表になりました

  • 2012/12/07(金) 22:13:19

本ブログは2009年11月3日に始めました。診断士の資格取得までの歩みを掲載する予定でしたが、この度、夢破れて、スタート地点まで戻ることになりました。

この3年間、いろいろありました。家族や同僚には3年も迷惑をかけてしまいました。今年の1月に転職して、印刷会社にはもう勤めていません。大きな心の支えであった父親を思わぬ病で亡くしてしまいました。

いろんなものを失い、人との約束を果たせず、診断士に合格できない中途半端な知識だけが頭の中に残っています。勉強したことで、知見が広がり、物事の見方が変わり、今の人生に役立ってはいますが、自らに課したハードルを越えることで得られる達成感や安堵感こそ、何よりも得たかったものであり、今は我が身の至らなさを痛感しています。

おそらく、勉強の方法が間違っていたのだと思います。仕事が忙しいと環境のせいにしたのもいけなかったと思います。今日までのプロセスを細かくチェックして、反省して、これからの人生に活かさないといけません。今は、一旦、休憩しようと思いますが、必ず、リベンジを果たしたいと思います。

今の会社からは、宅建資格の取得指令が出ています。例年、宅建の試験日と診断士の二次試験日は重複していますので、まだまだ苦しみの日が続きそうです。

この休憩の間にしっかりとプロセスを研究して、勉強を主目的にするのではなく、資格取得を主目的にしたいと思います。試験会場には自分よりも高齢の方々が多くいらっしゃいました。諸先輩方のチャレンジ精神に負けず、恥や外見を気にせず、必ずや、ブレイクスルーを実現させます。

燃え尽き症候群の2次対策中

  • 2011/09/08(木) 12:06:57

ブログ、ご無沙汰をしています。


今日で中小企業診断士1次試験が終わってから1ヶ月が経ちました。1次試験の合格発表もあり、1次突破が確定しました。私の受験地区では合格率が10%を切っていまして、ストレート合格の難しさを改めて実感しました。こういうポテンシャルの高い方々と2次で争うなんて、何とも過酷な試験です。


で、これまで、何をしたかというと、たいしたこと、できていません。


まだ、1次試験の燃え尽き症候群から抜け出せていません。モチベーションアップのためにTACの2次模試を受けてみましたが、見事に惨敗して、消沈しています。私の課題は次のような感じです。

  • 模範解答と自分の解答のずれが大きい
  • 事例4では財務会計の知識定着が甘く、数字が招いている要因を与件文から導き出せない


1次が終わってから2次試験までの猶予期間は約2ヶ月半、既に4割の時間が吹っ飛んでしまいました。残す6割でPDCAをうまく回していかないといけません。


さて、2次対策で、今、使いやすい文具を探しています。2次模試を受けてみて、やはり、SWOTを蛍光ペンでマーキングするのは大事だと思い、便利な蛍光ペンを探してみました。すると、http://www.zebra.co.jp/pro/keikou-knock/index.htmlというものを見つけました。試験中に蛍光ペンのキャップのことを気にしないで済むのは楽チンです。


また、http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/kadokeshi/もいいのですが、デビカ角40箇所使えるキューブ消ゴムに注目しています。


シャープペンシルはDr.Gripで決まり、と言いたいところですが、単価500と高めなので、私はパイロットのhttp://www.pilot.co.jp/products/pen/sharp_pen/sharp_pen/opt/index.html(Opt.オプト)を使用しています。1次試験のときに使った縁起のよい1本を2次でもエースとして使おうと思っています。


あと1ヶ月ちょっとの自分の勉強の成果次第で、未来の切り開け方が変わってくるので、早く本気になりたいです。

平成23年度中小企業診断士1次試験に合格しました

  • 2011/08/08(月) 11:33:19

表題のとおり、平成23年度中小企業診断士1次試験に合格しました。先ほど、10時に公開された平成23年度 中小企業診断士第1次試験の正解と配点で確認しました。

勉強を始めてから1年と10ヶ月、言葉では言い表せないぐらい長く苦しい道のりでしたが、やっとこの日を迎えることができました。皆さんと万物に感謝です。

今回の資格取得にあたり、工夫したこと、やっていて気づいたこと、いろいろあります。ブログに割く時間がとれないので、自分がどのように攻略したかなどは、必ず書き記したいと思います。

ただ、一つ言えるのは、マインドマップがあれば、試験開始までのの30分で1科目の情報量なら速攻でレビュー可能です。そして、その完成度が高ければ高いほど、試験中に“持ってて良かった”喜びを感じることができます。

なので、マインドマップは労を惜しまず、自分に合うものにバージョンアップすることが大切だと思います。ノートの作りこみと同じ意味合いを持ちますが、2次元のマップと平文(ノート)では雲泥の差があります。

私は2次試験対策でもマインドマップを用いたいと思っています。1次試験対策で愛用した中小企業診断士 通勤講座 にすっかり慣れてしまいました。枝の形や色までは覚えられる!なんて聞きますが、正直、そこまではできません。ただ、そこまでできなくても心配要りません。一つの大きなブランチにぶら下がっている情報がぼんやりでも頭に入りますので、情報の漏れを起こしにくく、復習しやすいのがとても良いです。

マインドマップが全能とは思っていませんが、学習に必要なツールだなと肌で感じましたので、昨年(2010年の秋ごろ)、マインドマップ作成の専用ソフトiMindMapを購入しました。

持っているバージョンは最新の5ではなく、一つ前の4で、どちらとも日本語に完全に対応しています。バージョン4までは日本のマインドマップ代理店さんが販売していましたが、バージョン5からはトニーブザン氏の会社から直売に切り替わっています。際と事態も日本語に対応しており、サイト右上の国設定を日本語に変更すれば日本語のサイトが閲覧できます。

iMindMap 5はお試しインストールができるそうなので、バージョン5を試してみたいと思います。WindowsやMacだけでなく、Linuxバージョンもあるそうなので、Ubuntuなどにインストールすれば、かなり軽快に動くかもしれませんね。

中小企業診断士試験の2次対策は今からなので、どなたか、いい情報があればコメントをいただければ幸いです。ともに頑張りましょう!

近況のご報告

  • 2011/01/30(日) 16:28:31

中小企業診断士の資格取得を決意したのが2009年9月。そこから、1年4ヶ月が経ちました。

昨年の試験結果は、1次試験敗退です。7教科中、4科目しか合格しませんでした。敗退科目は、経済学・経済政策、財務・会計、経営法務でした。経済学・経済政策については、大惨敗。それ以外は、どれも60点前後で、紙一重で合格と不合格が分かれました。

敗退のポイントは、「どうも本気になれない」ところです。資格試験以外にも、仕事や家庭といった大切な要素があります。仕事の忙しさで勉強する気になれなかったり、幼少の大事な時期に父親として関わることをおろそかにしたくない気があったりして、勉強に集中できなかった。

そして、この理由、深刻ですね。今もなお、仕事や家庭が勉強の妨げになる、いや、勉強が仕事や家庭の妨げになっているのかもしれません。自分でもどのように心の整理、時間の整理すればよいのか分かりません。

2010年の8月に試験が終わってからも、細々と勉強をしてきましたが、今になって振り返ってみれば、ほとんど実績が上がっていません。早起きも今では全くダメで、早寝早起き習慣は完全に吹っ飛んでしまいました。本当にだめなやつです。

とにかく、言い訳めいたことばかりが自分の口から出るので、このブログもずいぶんとお休みをしていました。今年も試験を受けるつもりですが、勉強のやり方を根本から変えなくてはいけません。

今の時点で変えたいと思っている勉強方法、まずはマインドマップについてです。

これまで、綾部貴淑先生の中小企業診断士 通勤講座を使ってきました。ここで入手した先生作のマインドマップを自分用に改良したものを用意する必要があると感じていて、それに着手しています。

先生の教材は、初期学習に十分な効果がありました。試験対策の下地作りとしては十分ですし、私のライフスタイルに合っていました。

しかし、このマインドマップをほぼ完全に覚えるということは不可能でした。他人が作っているものですから、自分なりのマップ、自分の飲み込みやすいレイアウトなど、学習するにつれて、マップに要求する内容が異なってきます。そこで、www.easystep.jpを利用して自分が納得するマップを1から作りはじめています。

その改良マップ以外に作ろうとしているのが、紙単語帳、それから音声単語帳も。日々、アウトプットを継続していかないと、記憶が台無しです。基本的に1次試験は理論ではなく、暗記勝負ですので、問題集だけでなく、細切れ時間を活用できる単語帳はそろえるべきだと痛感しています。

あとは、経済学対策として、2010年は超ハードな科目でしたので、2011年は軟化が予想されますが、急がば回れで、大学の授業で使っているようなマクロ経済学、ミクロ経済学の入門書を買い、読み込んでいます。ただし、自分にとっては難しい学問なので、そこに書かれている文章ではすっと理解できないことが多いため、自分なりの理解の仕方をがんがん書き込んでいます。経済学は暗記と理論の両方ともが重要な科目ですので、表面的な勉強ではなく、基礎力をしっかりつけたいと思います。

これらの対策で、経済学・経済政策、経営法務は乗り切れそうですので、あとは、財務・会計をどうやって処理するか、今はこのように整理の歩みを進めています。

今年、実は、仕事面では大きな変化がありそうな気配ですし、家庭では新たに家族が増える予定です。従って、去年よりも試験対策は更にハードでタフになりそうなのです。ですが、もう、こうなったら、恥も外見も気にせず、マイペース、2年で通らなければ、3年でパスするぞ!、それぐらいの気持ちですよ。中小企業診断士に求められるスキルは、職業人として必須のスキルと思います。どうせ、身につけなければいけないのなら、今、ここで攻略してしまおう、そういう気持ちには変わりありませんので、いつか必ず達成する、このように腹をくくっています。

ということで、久々の書き込みを閉じたいと思います。

続きを読む

中小企業診断士1次試験が終わりました

  • 2010/08/08(日) 16:57:28

今朝は6時起き…

と、この際、どうでもいい書き出しです。これも勉強にちなんだ諸々の記録ということで。

さて、試験が終了しました。みなさん、本当にお疲れ様でした。家庭や仕事を抱えながら合格を目指された方は、この暑さもあいまって、今日の日に照準を合わせるのはとても大変なことだと思います。今、この時間を迎えられたことに感謝ですね。

さて、今回の試験、質的にどうだったんでしょうか。受験された方それぞれ、いろんな思いがあると思います。

私は、経済学がとにかく難しかったです。苦手意識はなかったのですが、最初の科目というプレッシャー、時間配分も分からず、時間が足りなかった…この科目が最大の難関でした。おそらく、この難関は越えられていないと思います、残念ですが。

ちなみに、解答速報採点サービスがあるようですので、これを利用してみようかと思っています。

経済学の敗因は、まず、この学問そのものがなんとなくでしか理解できていなかったからだと思います。次に、全くといっていいほど過去問を解かなかった影響です。最後に、やはり、時間配分を体感していないことによるペース配分ミスです。

敗因につながった問題としては、やはり、メンタル面も含めた準備不足ですね。ある筋から、「4月に勉強を始めて試験に合格した!」という話を聞いて、「自分の場合はそれよりも前に勉強を始めてるんだから…」という変な余裕を感じてしまったこと、これにより、勉強のラストスパートの仕掛けどころが遅れてしまいました。

セルフコントロールがうまくいかないのは十分に予測できていたんですが、やはり、成功につながるための行動特性というか、基本的な素養が私には備わっていないですね、成功体験もほとんどないし。

今夜には試験対策スクールから解答速報がバンバン流れるでしょうし、明日は、社団法人中小企業診断協会のサイトで解答が発表になるようです。「終わった〜!」という気持ちに浸れるのはわずかですが、この間に気持ちだけでもリフレッシュしておきたいと思います。また、家族サービス、それから迷惑を掛けた同僚にも感謝申し上げたいと思います。

再確認です

  • 2010/06/24(木) 06:33:44

おはようございます。勉強方法の再確認です。

次の手順で攻略です。私自身、この方法が好きになれていません。しかし、この方法で取り組めば、日々の勉強ペースを維持できます。言い換えれば、どんなチャプターでも、ある一定の時間内で学習が終えられます。

ペースを維持できるということは、目標までの道のりを確実にこなせるということです。もちろん、無理な目標には対応していませんが。ここでの目標とは、ISO的に言えば達成可能な目標のことを言っています。無理な目標は目標でないというのがISOにおける管理システムの考え方です。

手順

  1. マインドマップを手元に準備して、音声教材のテーマ(※)を通しで聞きます。マップと音声の両方を頭に認識させながら通しで聞きます。
    ※1-1とか3-2とかそういう1テーマのことです。
  2. いきなり、記憶フラッシュに進みます。ほとんどの問題に答えられなくてもいいです。その代わり、答えられなかった問題がある場合は、その場で(次の問題に進む前に)、マインドマップをしっかり確認します。
  3. 記憶フラッシュを繰り返し聞きます。記憶フラッシュ全ての問題に正答できるまで繰り返します。私の場合、だいたい3〜5回ぐらいで答えられるようになります。テーマの学習を始めてからここまでの経過時間はだいたい見込みが立つはずです。
  4. 中小企業診断士スピード問題集〈5〉経営法務のような問題集を開き、音声テーマの該当部分を解きます。正解、不正解は把握しておきます。私の場合、問題集のインデックスページに正解、不正解と、解答日を記録しています。不正解の場合は、中小企業診断士スピードテキスト〈5〉経営法務 を見たり、解答を読んだりして、自分が知らない知識を把握します。その要約をマインドマップに書き込みます。できればキーワードだけ書き込むのがよいです。

だいたい、以上のサイクルです。手順4を1度だけでなく2度やったり、自分に合うようにアレンジすべきです。なぜなら、人によって脳は違うからです。自分の脳にマッチする勉強方法を確立すべきです。

質問などがありましたら、コメント欄からどうぞ。

あ、左利きの方は…

  • 2010/06/22(火) 06:19:13

大切なことを思い出しました。大げさかもしれませんが、左利きの方はマインドマップとの出会いによって、学習革命が起こるような気がします。あくまでも私(左利き)の実体験ですが。

残す46日で経済学、中小企業経営と経営法務を少々…

  • 2010/06/22(火) 06:09:55

おはようございます。本当に久しぶりの更新です。

あと、46日になりました。今後のスケジュールが大切です。目標に到達させるためには、その道のりをきちんと決めておく、これ、今回痛切に感じています。

あと28日になったら、その時点で、過去問を解きまくりたいと思っています。毎日1科目、1週間で7科目を経る。これを1サイクルにして、28日で4サイクル。うまくいかないとは思います。けど、1次突破という目標のためには、このようなハードなプランを組まざるを得ません。

ということは、科目別学習は、残り18日。それで、音声学習の未学習セクターの残数は、5-1〜5-7、7-1〜7-7、6-5〜6-7で、17セクター。はい、毎日、1セクター確実に攻略です。

自分の置かれた状況、むちゃくちゃ厳しい。肝に銘じて頑張る。

エンジンかかりました

  • 2010/05/30(日) 08:49:22

今朝は7時起き…

ようやく自分の勉強エンジンがかかってきました。これまでは、勉強時間中に、勉強が手につかない(他の事に気が行く)ことが多かったのです。さすがに69日前になると、ね。

と、その動機となったのが、勉強予定表でした。自分自身で「予定表がないと実態が迫ってこない」と分かっていながら、「あれ、そろそろやばいんでないの?」と追い込まれるまで作らなかった予定表。不甲斐ないやつです。

で、その予定表には、結果も記録していっています。こうすることで、各テーマ、各セクション、各部ランチでどれぐらい時間を要しているのか、後で点検できます。

しかし、まだまだ不安感が大きいです。

一番大きい不安は「こんなふざけた勉強をしている私が、たくさんの受験者がいるにもかかわらず、合格するって、そんな甘いことがあるのか?」という自己否定観念。今でこそ、そこそこ勉強してるけど、それでも未だに半分以上手付かずという事実がもたらすネガティブ思考はなかなか排除できないです。

次なる不安、それは、中小企業診断士 通勤講座の教材としての自分なりの評価です。良い面、悪い面、双方あります。

良い面
  • マインドマップという記憶のイメージ化ツールを知ったのは大きい
  • 教材内に入っている記憶フラッシュは、1枚ずつの単語帳の音声版みたいなもので、移動中、通勤中の細切れ時間で超短時間集中型勉強できる(更に改善)パソコンのフリーソフトなどを使って、1つのmp3ファイルに入っている複数の音声問題を、1問題につき1つのmp3ファイルに編集する。こうすることで、たくさんの音声版めくり単語帳ができあがり、mp3プレーヤーでランダム再生することで、かなりの復習効果がでます。私はAudioEditor を使用しています
  • まだ良い面があると思うのですが、今は思いつきませんでした…
悪い面
  • マインドマップのブランチは覚えやすい、言い換えれば枝葉は覚えやすい。しかし、いわゆる幹→ブランチ→リーフという塊では頭に入りづらい
    (理由)自分でマインドマップを作らず、他人が作ったマインドマップを利用しているため
  • 7つある科目、その科目を最小7つ、最大12つの小科目に分割されて提供されているが、科目から小科目へと分かれるマインドマップが提供されておらず、体系的に捉えにくい
    (改善方法)例えばこんなマインドマップを作る(マインドマップの作り方にご興味がある方はコメントからお問合せ下さい
  • 教材内に間違いが多く含まれているので、ウソを覚えてしまった後の修復にイラッとする
    (対策)初めに中小企業診断士スピードテキスト〈1〉企業経営理論のようなテキストの小科目部分に目を通した後、音声教材を聞くと、間違っている箇所が見えやすくなり、無駄が生じない。
  • 教材内に間違いが多く含まれているので、ウソを覚えてしまった後の修復にイラッとする
    (対策)初めに中小企業診断士スピードテキスト〈1〉企業経営理論のようなテキストの小科目部分に目を通した後、音声教材を聞くと、間違っている箇所が見えやすくなり、無駄が生じない。
  • 教材で触れられていないテーマが少なくない。マインドマップに補足を書き込んでいると、マップがぐちゃぐちゃになる。記憶イメージがぐちゃぐちゃにという心配もあるが、それより大きな心配は「きちんとテーマの内容を自己責任でフォローしないといけない」不安感。(対策)これも上と同様。初めに中小企業診断士スピードテキスト〈2〉財務・会計 のようなテキストの小科目部分に目を通した後、音声教材を聞くと、不足している箇所が見えやすくなり、無駄が生じない。

悪い部分が勉強に及ぼす影響が決して小さくないのです。で、結局、自分なりにカスタマイズすることとなり、「勉強ノート」を作る時間が増えてしまいます。「勉強ノート」作りは効果的な勉強時間とは言えません。勉強時間に占める非能率時間が増えてしまう欠点があります。

これで全教材の価格が7万円ぐらいしますので、果たして、この金額を安いと考えるかどうかです。中小企業診断士 通勤講座 はその欠点を補う教材になれる素養がありますので、もっと改善してもらいたいですね。

教材を使おうかどうか悩まれている方は、中小企業診断士 通勤講座 にお試し講座がありますので、それをダウンロードして、実際に使ってみることです。そして、もし、時間があるようでしたら、これを自分なりにカスタマイズして、それから、自分でそれ以降の教材を作るつもりで望めば、きっと自分だけのとっておきの勉強ノートができると思います。

マインドマップについては、一度、ザ・マインドマップ を読んでみた方がいいと思います。中小企業診断士 通勤講座 を知ったときは、まだ、マインドマップそのものを知りませんでした。ネット上にもマインドマップの情報がたくさんありますので、それらを読んで、「なるほど、この方法ならうまくいくかも」と自分なりに理解していたつもりだったのです。しかし、実際に使ってみると思ったほど効果が上がらず、自分のこうした疑問を解消すべく、この本を読んでみました。すると、マインドマップをずいぶんと誤解していたことが分かりました。その誤解を解くことで、「他人が作ったマインドマップ」も理解しやすくなりました。

話がそれましたが、今は、次のスタイルで勉強しています(企業経営理論をベースに説明します)。

  1. 勉強しようとする中小企業診断士通勤講座の小科目(1-1とか1-12とか)内に含まれているテーマ領域を把握し、中小企業診断士スピードテキスト〈1〉企業経営理論 でそのテーマ領域に該当する部分、この部分をやや端折りぎみに読む(少し丁寧な斜め読みのことです)
  2. 中小企業診断士通勤講座の小科目の音声教材を聞く。聞くときは、同時提供されているマインドマップを見ながら。また、マインドマップ内の間違いを直しながら。
  3. 中小企業診断士通勤講座の小科目の記憶フラッシュにトライ。問題を一つずつ丁寧に解く。私の場合、ここではほとんど答えられない。答えられない部分をマインドマップで復習。一つ問題を聞いたら必ずマインドマップ内の答えを確認して、この時に情報が不足するなら、中小企業診断士スピードテキストから情報を補充する。場合によってはマインドマップに書き込む。これらを行って、次の問題を聞く。この繰り返し。
  4. 記憶フラッシュを全部やり終えたら、もう一度、初めから記憶フラッシュを通しで聞く。分からない答えはマインドマップで確認しながら。
  5. ここでしつこくもう一度、初めから記憶フラッシュを通しで聞く。これで記憶フラッシュから一旦卒業。
  6. そしてすかさずスピード問題集に移行。学習済み内容に対応した問題を解いてみる。きっと半分ぐらいしかできない。なぜなら、音声教材や付属マインドマップは最低限の情報しか入っていないから。そこでスピードテキストに戻り、分からなかった問題の知識を得て、それをマインドマップに落とし込む。
  7. この後、記憶フラッシュで知識を呼び起こし、マインドマップを確認しながら知識を維持しつつ、新しい小科目を勉強する。

今のところ、この流れでやる勉強が最強です。この方法でやるときに意識しておきたいのが、自分の頭の中にあるマインドマップの幹枝葉、これを初めから全部きちんと記憶しようとしないこと。幹から始め、徐々に枝を増やし、葉を増やし、というイメージで知識を増やす。繰り返し学習の中で、枝葉は確実に増えます。

乱雑に書いてきましたが、この投稿は、ブログの一番のポイントだと、今のところそういう感じです。

もっと早くから…

  • 2010/05/22(土) 16:00:42

今朝は8時に起きて時差ボケしてます。

勉強を始めたのが去年の10月。11月中旬から12月末までの勉強中断期間を経て(苦笑)、3ヶ月の財務会計勉強期間を経て(苦笑)、8月に試験が控えているのに4月になってもまともに勉強できない自分を経て(苦笑)、ようやく、勉強が少しはかどり始めました。

と、同時に気づいたのが、「勉強時間が足りない(汗)」でして、未だに運営管理をやっている始末です。

まあ、グチグチ、ブツブツ、言っても始まらないし、三十数年間、こんな自分と付き合ってきて、自分が自分のことを一番良く分かっているわけで、これはもう、ここから、「今までにない自分」でやっていくしかないなという感じです。

本当はこのブログで勉強方法にしても逐一感じたことを記録していきたかったんですが、今はその余裕がなく、放ったらかしになっています。

資格取得はどうやっても諦めないつもりです。なので、いつか、勉強方法を取りまとめて、体系的に紹介したいと思っています。

アウトプット中心型に変更

  • 2010/05/08(土) 21:43:27

最近の考え方…

今朝は8時過ぎ起きでした。ゴールデンウィークに家族旅行に行ってきましたが、その名残で起床時間が元に戻らない感じです、ダメだこりゃ

と、相変わらず不甲斐ないのですが、試験日まで残り90日と迫ったところで、考え方が変わってきました。

ひとつは、インプットとアウトプットの時間を五分五分ぐらいに持っていきたいと考えています。今まではインプット8.5割(8割よりは多くて9割とまではいかないので8.5かな?)でした。どうも巷の学習法などを参考にしていると、インプットよりもアウトプットの重要性を説いています。私は数学が得意科目でしたが、どうもそのときも問題を解いて解き方を覚えて言ったような気がします。そういう経験からもアウトプットの重要性が理解できるようになり、そのように切り替えようと思いました。

インプットに凄くこだわり過ぎて、隅から隅まで覚えないときがすまない、これまでの自分はそんな性分でした。「科目のあらゆるテーマ、いつかどこかで必要になるかもしれない…」と思い、「どうせ勉強するならここでしっかり覚えてしまおう」という発想になっていました。

ここでも「どうせやるなら丁寧に」という自らのポリシーが尾を引いた感じですが、もう、完全に中小企業診断士(まずは1次)合格にプロットした発想に変わりました。問題って、どうせパターン化(出題アプローチのマンネリ化)してしまうだろうから、問題を解きまくって、問題のパターンを覚えてしまえ、そういう発想です。

問題が解けるようになると楽しいものです。そうすると、勉強がはかどる。はかどった気がするのかもしれませんが、好印象で勉強を終えるのは次に向けた大切な心証です。

また、問題集も必須です。こちらは厳選するのではなく、各社のものを取り揃えたら面白いと思います。

綾部先生の中小企業診断士通勤講座、この講座で支給されるマインドマップ、あれは完全にサブノートですね。サブノートを作る時間がもったいないという方には必要ありませんが、空間把握脳を活用してインプットしたい方にはお勧めです。このマインドマップのメリット、それは忘れたことも思い出しやすい、これは間違いないです。

そして、この通勤講座はインプットの補助教材として利用すべきです。メインできちんとタックのテキストを使用すべきです。こちらは企業がきちんと商品化していますので、監修者がしっかり教材の質を高めています。過去問や傾向に従ったテキスト作りをしていますので、安心して使えます。中小企業診断士を独学で目指す場合、確かなテキストは必須です。

あとは、独学で中小企業診断士を目指す場合、計画も大切です。私は残り90日なのに未だに勉強プランを構築していませんが、時間切れになる恐れを凄く感じています。プランは立てたいと思います。

あとは、集中できる環境ですね。パソコンやテレビ、ラジオ、こういったものを遠ざけるために、工夫をすべきです。私の場合、ゴールデンウィーク中に妻と相談して、今後、公民館などを活用して勉強に励むことにしました。何より、勉強の阻害要因を排除して、(問題を解くのを中心にすえれば)楽しく勉強できる、これが大切だなと実感しています。

自分がこだわった勉強方法の否定、その1

  • 2010/04/25(日) 12:23:56

「どうせやるなら丁寧に」

これ、私の信条です。回り道してでも、歩みに時間がかかってもいいから、目の前のことを丁寧にやる、そういう考え方で、仕事でもよく実践しています。

ですが、ダメですね、結果を求められるシーンでは。結果を出すために一直線でないと。

なので、結果に結びつく方法を取り入れないといけません。

落ち込んでいます…

  • 2010/04/25(日) 07:59:32

今朝は7時起き…

ダメですね、勉強がうまくいかない。

  • 勉強より仕事、家庭が優先になってしまう
  • そんでもっていざ勉強を始めると分かっていたことが分からなくなっており、やる気がダウン
  • つい、他の事をやってしまう
  • 自己嫌悪
こんな感じです。

最近は朝、起きれない。夜、お酒を飲んでしまうから朝起きれないんです。睡眠が浅くなってしまうのと、体質的にアルコールに弱いので酒が抜けにくい。だから起きれない。

原因分かっているんですが、イジイジとした気持ちのまま晩御飯を迎えてしまい、つい、手にしてしまう。

だめですね、完全にアウト。

綾部先生から「合格EXPRESS」というメールマガジンが届いていました。その中で、「4月から勉強を始めた齊藤さんという方がその年の試験にストレートで合格した」という内容を読みました。そんなスーパーマンに自分自身がどうやったらなれるのか、想像もつきません。

いつになくネガティブです。突破口を見つけられるといいのですが。

いつまでやるのか財務会計...コールとプットの覚え方

  • 2010/04/17(土) 08:25:39

今朝は4時過ぎに…

はい、起きました。例のオークションの関係です。勉強と関係ない要因ならスパッ・ズバッと起きれる私が嫌い…(苦笑)

今日も財務会計をやっています。もう、とにかく反復練習。

で、このトピを読んでくださった方にとっておきの覚え方を一つどうぞ。

為替のオプション取引で、コールとプットの関係は次のとおりです。

  • 買い→コール
  • 売り→プット
これを英語に言い換えると次のとおりです。
  • buy→call
  • sell→put
この英語をよく見てください。次の法則があります。
  1. 「ll」とLが二つ続く単語がそれぞれの組に一つずつあります
  2. どちらの組もそれぞれ英語のスペルが7文字です
このバランスが取れているのがコールとプットの関係です。要するに、次のような組み合わせはありえないということです。
  • buy→put
  • sell→call
バランスが取れていないからです。

コールとプットの関係はバランスで成り立っていることがよく分かります。この覚え方で私は覚えています。あと、グラフの暗記については、綾部先生が紹介されている覚え方で完全攻略可能です。

財務・会計を徹底訓練

  • 2010/04/10(土) 16:43:35

まだやってるの…?

最近、そんな言葉が頭の中を駆け巡り、耳が痛いです。中小企業診断士試験対策の通学コースなどに通われている方、今月には、7科目の勉強が終わるんですよね、確か。倍半分の差が開いています、はい。

ですので、受験対策校に通学されているあなたなら、きっと受かります。何しろ、本気でやってる私の2倍先を進んでいらっしゃるんですから。このまま頑張れば大丈夫でしょう。

だから、ちょっと、私を応援してくれませんか…(苦笑)

と、前置きはさておき、やっぱり、私は専門校に放り込まれるべきでした…。どうもあれこれ頭にありすぎて、勉強に集中できない感じです。教室で缶詰の方がはるかに良さそうです。

会社でも休憩時間にもつい仕事をしてしまうんですよね。業界自体の雲行きが怪しいのは昔からなんですが、今期に入ってから、経営環境が益々厳しくなっているようです。自然と仕事に力が入るんです。

印刷物っていうのは、事務・業務用の伝票にしろ、販促用のパンフレットや会社案内にしろ、景気が悪くなると消費率が減ります。これは間違いない事実です。この景気が、数年来、ずっと底の状態にある。いや、デフレスパイラルに入ってしまい、景気の底を突き破って、更に沈んでいる状況です。その景気の描く波、その波に少し遅れて追随するのが印刷物の需要です。

脱印刷物を掲げる印刷会社は、他業界への食い込みを狙っており、特にWEB制作や営業・販促支援といったサービスで事業革新を狙っています。しかし、甘くないんです。株式会社○○印刷、○○印刷株式会社、こんな看板背負ってWEBや販促をうたっても、肝心のお客様からの信頼が寄せられにくい…

あら、また脱線してしまいました。

やっぱり、教室や授業のように、強制的に私を何とかしてくれる環境、これがもっとも望ましい。ですが、今更何を…って感じです。擬似強制環境、この構築を目指したいと思います。

常に不足するもの

  • 2010/04/07(水) 05:19:51

毎日の勉強に常に不足するもの…

おはようございます、今朝は4:06起き…

お題の答えは「時間」です…。って、それは家庭持ちでなくても当たり前です。きっと今の時代に生きている人の多くは、「1日が24時間じゃなかったら、24時間以上あったら」って、考えたことがあるはずです。

もちろん、時間が不足するのは当然のことです。ただ、これは足りないからといって、自分の意思で増やしたり、補充することはできません。なので、「時間と同様に不足するもので、私自身でコントロールできるもの、これを増やしたり補うことで、慢性的な時間不足を解消しよう」これが、今日の御題です。

「時間と同様に不足するもので、私自身でコントロールできるもの」、それは「やる気、モチベーション、情熱」だと思います。

日々、いろんなことに忙殺されながら勉強を進めると、無計画なマイペースに陥りがちです。では、逆に、「計画的に勉強を進めよう!」と思ったら、それはそれで、きっと、他のことがおろそかになるんだと思います。非常にバランスが難しいこの二つ、これを両立させようと頑張るのではなく、「勉強時間中の中身を濃くする」、ここを意識するのがいいのではないかと考えました。

もう、試験まで122日です。無意識でいようとしても「勉強しなくては…」という気持ちになってくる時期だと思います。なので、勉強時間中の中身を濃くするため、必要なときにカキ〜ン!とモチベーションを上げる方法を取り入れました。

それは、こういう方法です。自分が主に勉強する場所、よく見る場所、そんな場所に、自分へのメッセージを置いておく、そんな方法です。よくありますよね、部屋の壁に必勝!とか。あ、もちろん、必勝ではダメです。少し抽象的過ぎます。具体的だけど分かりやすいメッセージにすべきです。

私の場合、とりあえず、昨日、そのメッセージを携帯電話の壁紙内に表示させました。ずばり、昨日は携帯を見るたびに燃えましたね。メッセージの質も自分に合っているようで、見るたびにモチベーションが上がりました。忙しいので休憩時間を返上して仕事に向かいそうなとき、勉強中に時間が気になって携帯画面を見るとき、他にもいろんなときにこのメッセージを見ましたが、そのたびに、「よし、頑張ろう」と自然に思えて、火がつきましたね。

火がついたら、あとは燃費の問題です。環境によっても燃費は違いますが。勉強しにくい環境だとどうしても燃費が上がりませんね。これは仕方ないとしても、勉強時間の質を変えようとすることで、時間不足を補っていく「。勉強に不足するもので、自分自身で補ったりコントロールできるもの」、これを改善していきたいと思います。

尻に火がついていない

  • 2010/04/06(火) 05:06:22

なんと、今日は…

3:45起きです、スゴイ!と褒めたいところですが、実は、目的がはっきりしていたから起きられたんです。

オークションの締め切りが早朝だったんです、といってもヤフオクじゃないですよ、海外です。それでカキ〜ンと起きて、家事をすぐ済ませてパソコンの前に着座したというわけです。

「起きられない」、「勉強時間が確保できない」、これは、結局、目的意識がやっぱり弱いんだなと、実感したところです。目的意識が強ければ、必ず、行動は変わるということですね。私の心構えの問題でした。

昨日は「財務・会計」の収益性分析のところを復習しました。忘れているんですよね、復習のはずが、まるで初めて勉強する科目のように。超若年性アルツハイマーかと疑ってしまうぐらい、自分の頭の悪さに困っています。

さて、テーマに戻りますと、尻に火がつくというのは、この目的意識のある状態を比喩したものと言えます。どうやって火をつけるか、日々、平和だとさすがに難しいです。

そんなところにタイミングよく?来た話が、「賃下げ」。昨日、役員から通告がありました。会社の業績が悪いため、部長以上の給料見直しを行うそうです。

いわば、経営責任を取らされる形ですが、部長とは言え、経営には何も関与していません。意見や考えを経営陣に検討していただくといった機会もありません。一方的に与えられている経営資源(ヒトとモノ)をどう使うか、許されているのはこれだけです。

客観的に言うと単なる現場監督なんですが、こういう時だけは、そうはさせないみたいです。あれこれと思いはめぐりますが、経営側のルールや文化にモノ申しても何も変わらないと分かっています。自分が会社で求められているのはそういう役割でもありません。

会社の中で、自分がそういう役割を果たしたいのなら、そういう役割を求められるところで働けばいいんです。今のように自分に力がないときに、自分以外を変えるのはとても難しいことです。

勉強する目的は、目の前に広がっている環境を変えるため。結局のところ、目的をシンプルにして、自分の心の奥底(中核)に分かりやすくメッセージを送る、これが尻に火をつける方法なのかな?と感じました。

言葉には言霊という魂が宿っているといわれています。毎日、「目の前の環境を変える」と唱和しようかな…

未だに財務会計です

  • 2010/04/05(月) 06:04:27

おはようございます、今朝は5:00起き…

ただ今、財務会計の復習をやっております。音声教材で言うところの2-5「原価計算」です。財務会計は2月上旬から勉強し始めたのですが、未だにやっている始末です。ダメダメです。

財務会計は、学生時代の数学の要領で勉強すればいいように思います。といっても、ダラダラと未だにやってますので、説得力がないですが。とにかく、問題を解きまくって、解き方を覚える、これに尽きますね。

試験日までのスケジュールもまだ組めていないですし、こりゃ、本当にヤバイな…

2010中小企業診断士試験の概要が発表

  • 2010/04/01(木) 06:29:00

おはようございます。今朝は4:30起き…

2010年の試験実施日が発表になりました。中小企業診断士の1次試験が2010/8/7と8/8ですので、今日は128日前です。今日から、カウントダウンをはじめたいと思います。

試験日までのカウントダウンができますので、今後の勉強計画も構築したいと思います。ここまでのところ、全くと言っていいほど思うようにはかどっていません。1次試験までは、まだ500時間ぐらいは勉強できそうですので、計画をよく練りたいと思います。

3連休は絶不調…

  • 2010/03/23(火) 06:31:05

おはようございます。今朝は5:30起き…

3連休、勉強と家族、この両立がとても難しかったです。マイペースがかなわず、軌道に乗りませんでした。3日間、焦る気持ちが募りっ放しで、「心ここにあらず」というような感じで過してしまいました。

あと、仕事の関係で重要な情報を手に入れたこともあって、その補足調査に時間を費やしてしまったのも痛手です。興味があるのでつい時間を使ってしまうという感じでした。

勉強ペースが悪いのがとにかくまずいです。何とかしなくては…

勉強スケジュール(進捗)の計画づくりは独自学習の基本

  • 2010/03/19(金) 05:22:33

今朝は4:30起きです…

ご無沙汰してしまいました。中小企業診断士の勉強に対する思いはいろいろあるんですが、実行、実現となるとなかなかうまくいきません。

勉強が順調にはかどっていないため、ブログの更新が後回しになっています。「勉強、仕事、家庭」、私にとってどれも大きな優先事項です。この三者の両立やバランス、これがとても難しくて悶々と日々を過しています。

今、大事だなと思うのは、マイペースでもいいので、勉強日程を組むことです。途中で日程を下方修正してもいいのでペースを作る、これが大切だなと思います。

「未知の科目や勉強内容に対して日程を設定しても、思うようにはかどらない」、これはそのとおりだと思います。ですが、予定設定をしないと、無計画なマイペースに陥ってしまいます。まさに今の私がその状況で、危機感を強く感じています。

財務・会計の知識吸収段階も終わりが見えました。次節の運営管理からは、この計画策定を重視していきたいと思います。

財務・会計の学習方法は企業経営理論の時とは違う

  • 2010/03/02(火) 06:44:22

今朝は4:45起き…

先週の水曜日(2/24)から扁桃腺炎にかかってしまいました。薬を飲まずに辛抱して治そうとしているため、今週に入っても体調がなかなか上向きません。

また、昨日までバンクーバーオリンピックが開催されていたこともあり、どうも勉強に集中できないというか…

ところで、財務・会計の勉強方法ですが、企業経営理論のときとはアプローチを変える必要性を感じています。

財務・会計では、まず、論理をきちんと理解しないといけません。そして、試験では、実務的な問題が多く出題されますので、それに対応できるように練習を積まないといけません。

論理をきちんと吸収するためには、まとまった勉強時間を確保する必要があると思います。従って、企業経営理論と違い、細切れの勉強時間では対応が難しいと感じています。

また、勉強の教材選択も、企業経営理論のときとは比重を変える必要があります。

正直なところ、音声学習は難しく感じています。通勤時間の隙間時間を有効活用できるメリットが音声教材にはあります。しかし、今、使用している中小企業診断士通勤講座で、教材を聞いていると、速いスピードで専門用語が飛び交います。これでは、音声の内容をきちんと捉えきることができず、頭の中で論理を組み立てて捉えることができません。

また、上記の音声教材には論理面での抜け、あるいは、論理面での説明不足や説明のあいまいさが散見されます。中小企業診断士スピードテキスト〈2〉財務・会計 のようなテキストも読み進めて、論理を理解していく必要があります。

中小企業診断士通勤講座の講座説明音声に対しては厳しい評価となってしまいますが、他の面では、良い部分もあります。

まず、マインドマップを活用して、きちんと整理できるところです。教材として配布されているマインドマップを改造し、自分の理解しやすいように作り変えています。

また、記憶フラッシュは、いわゆる音声単語帳として、十分に活用できます。

私の現在の勉強の進捗としては、財務・会計の非分析領域をマスターしつつあります。ここをきちんと整理した後で、分析領域の学習に入りたいと考えています。3/10までには財務・会計を全て学習し終えたいと思っています。

お腹一杯になるまでご飯を食べると支障が…

  • 2010/02/12(金) 06:16:35

今朝は4:54起き…

平日は夕飯を19時台後半にいただいています。そこで、つい、お腹いっぱいになるまで食べることが多いのですが、これがどうもいけないようです。朝起きれない原因になっているように感じてきました(あくまでも素人の仮説ですが…)。

夕飯の後、すぐに子供とお風呂に入ります。そして、入浴後は歯磨きをして、整理整頓して、就寝します。平日のリズムはこんな感じです。

このリズムだと睡眠中に消化器官が働かざるを得ません。消化には血液が必要です。しかし、食後、すぐにお風呂に入ると、消化器官に血液が集中できず、消化の働きが弱まります。

そして、入浴後、1時間以内には就寝です。食後から換算すると、1時間半ぐらいで就寝です。就寝までバタバタしていますので、結局、就寝中に消化することになります。すると、睡眠時間の初めの頃は、脳は休んだとしても、体は休まない状態がしばらく続きます。

これが睡眠時間の長時間化を招いているような気がします。あくまでも仮説であって、まだ、検証していないのですが、体感的には間違いないような気がしています。ここも改善ポイントですが、改善できるかな…

早起きもバランス

  • 2010/02/09(火) 06:33:54

今日は4:56起き…

昨日、張り切って早起きし過ぎて、夕方から、完全にペースダウンしてしまいました。ただ、勉強したという満足感は得られたのが収穫でした。

それで、今日。やっぱり、5時近くにおきると、勉強時間がかなり少なくなります。家事や雑事を先にこなすせいもありますが、これらを後回しにすると、心理的に落ち着かないのが難点です。

やはり、4時台が理想です。4:00〜4:30ぐらいの間に起きるのがベストのようです。この時間帯に焦点を当てて、起床を習慣づけたいと思います。

中小企業診断士の財務・会計で仕訳練習向けの本

  • 2010/02/08(月) 05:10:11

今朝は3:45起きです。前夜、21時には寝てましたので…

週末、ほとんどといっていいほど、勉強できませんでした。さすがに、焦りがありまして、朝の起き方も気合が入ってきました。

財務・会計は、とにかく練習問題を解きなさい、そう、お告げがありますので、いい問題集を探しています。今、購入を検討しているのは次の問題集です。

とにかく、覚えて、訓練して、脳内強化を図る必要がありそうですので、訓練材料として1冊を選びたいと思います。